Pocket

城とドラゴンのコスト1の遠距離キャラである、アーチャーと魔法使い
最新のどっちが使えるか?っていう比較をしてみました

スポンサードリンク

基本的な性能を比較してみる

アーチャーと魔法使いの基本性能で同じなのは、

・進撃(地上)
・コスト 1
・召還数 10体
・足の速さ 72マス
・対空性能 〇

です。

じゃ、基本性能が違ってる部分は?

攻撃回数(分)はアーチャーが36回に対して、魔法使いが30回とアーチャーの方が攻撃回数は上です。

しかし、ターゲットがアーチャーは遠距離(単体)なのに対して、魔法使いが遠距離(全体)となっているので魔法使いの方が複数の敵に対しての対応力は上ですね。

パラメーターも比較してみる

アーチャー  魔法使い
攻撃力(初期値)    189    147
攻撃力(30LV)   356    277
防御力(初期値)    200    200
防御力(30LV)   376    376
HP (初期値)    200    200
HP (30LV)   376    376

パラメーターのまとめ

アーチャーの方が魔法使いよりも攻撃力が高いですが、防御力とHPはどちらも一緒ですね。
魔法使いが範囲攻撃なので攻撃力は低く、アーチャーは単体攻撃なので攻撃力が高く設定されています。

スポンサードリンク

スキルの違いは?

アーチャーが「ボウギョリョクアップ」、魔法使いが「タイリョクアップ」と、どちらも自身のパラメーターの補助スキルとなっています。
これが攻撃に特化したスキルなのであれば、そちらを優先的に使うんですけどね・・・

得意、苦手なキャラは?

アーチャーはワイバーン、ドラゴンライダー、チビドラなどの空中の竜キャラとカエル剣士、レッドドラゴンに強いです。
魔法使いはバトルバルーン、ブルードラゴン、ゴースト、巨大ロボなどのアンチがあまりいないキャラや迎撃キャラの雪ん子、魔導機兵、キラービーなどに強いです。

どちらも苦手なキャラはニンゲンアンチのスライムになっています。

大型キャラへの対応としては、レッドドラゴンはアーチャー、ブルードラゴンと巨大ロボとバトルバルーンは魔法使いが対応出来ますね。

アーチャーも魔法使いもコスト1なので単体で対応出来るか?といえばそうではありません。
複数で対応しないと、いくら得意なキャラといえども簡単に倒されてしまうので注意が必要です。

アーチャーも魔法使いも苦手なキャラが少ないのは魅力ですね。

スポンサードリンク

アーチャーと魔法使い、どっちが使える?

アーチャーは単体攻撃が強く、魔法使いは集団に対する攻撃が強い感じです。
アーチャーと魔法使いを1対1で戦わせると、当然アーチャーの方が勝ちますが、複数で戦わせると魔法使いの方が勝ちます。

得意なキャラも分かれていますから、自分の育てているキャラによって単体攻撃のアーチャーか、集団攻撃の魔法使いかを選ぶのも考える必要がありますね。

どちらもコスト1の遠距離攻撃キャラとして使えますが、私は育てているキャラからアーチャーを使っています。
でも、ブルードラゴンの対応策として魔法使いを買う事も検討していますよ。

Pocket

ルビーが欲しい!
でも、お金が無い・・・

諦めるのは早いです!
お金をかけずに無課金でルビーを増やす方法があるんです!!
その方法とは・・・

お小遣いサイトに会員登録をします。

なんだ、お小遣いサイトか・・・
って考えると思いますが、ポイントでルビーを買っても良いですし、お小遣いとしても換金する事が出来るんです。

無料でルビーを増やす方法!